イケウチな人たち。

by IKEUCHI ORGANIC

好きな人たちと考える、これからの豊かさ

イケウチな人たち。について

頭ではなく、心を使いたい。自分にとっての”解”を追究する、赤澤えるのものづくり

以前原宿で、信号を待っている彼女の姿を偶然見かけたことがあります。

真っ赤なワンピースに、綺麗に切りそろえられた赤髪のボブカット。遠くから見ても「彼女だ」と一目で分かったのは、きっと、目立つ外見だけが理由ではなく、その立ち振る舞いに、彼女の誰にも媚びない強い意志や、凛とした姿勢が滲み出ていたからではないか──。そんなことを、思います。

赤澤える。株式会社ストライプインターナショナルのブランド『LEBECCA boutique(レベッカ ブティック)』の総合ディレクター。彼女は、「心から大切だと思ってもらえるような服を作りたい」という思いのもと、日々、美しい服を作り続けています。

「頭ではなく、心を使いたい。生産者としても、消費者としても」

取材中、何度も「心を使う」という言葉を口にする彼女。お話を伺っていると、彼女は日々仕事をするなかで、喜びや楽しみ、悔しさや怒り──まさに「心」を使って仕事をしているのだ、と思わざるを得ませんでした。「悔しさ」の中でイケウチオーガニックと出会い、感じてくださることもたくさんあったそう。

彼女の、仕事に対する思いや姿勢について、たっぷりお話を伺いました。


「私が作りたい服は、いったい、どんなものなんだろう?」

赤澤さんが、レベッカブティックを始めるまだ前のこと。彼女は、ひょんなことから、アパレル業界に足を踏み入れることになりました。

高校生の頃から、古着を中心に服が大好きだったという彼女にとって、興味深い存在だったアパレル業界。ですがそこで、とある疑問を抱くようになったと言います。

「私は服が好きだから、当時から歴史ある洋服や、時代を投影するような装いをすることが多かったんです。でも、周りからは理解されないことも多くって。なぜその服を着ているのか、その背景を伝えても伝わらず、『結局は流行りが大事なのかな』『掘り下げていく楽しみはないんだ』と思うことが、少なからずありました」

「服が好きだからアパレル業界に飛び込んだけど、そこでの服作りは『可愛ければいい、今売れてるものが大切だ』という文脈も多いように思えて。たしかにそうやって素敵なものは生まれているけれど、私は、それだけでは満足できないような気がしました。『私が作りたい服は、いったいどんなものなんだろう?』と考えるようになったのは、ストライプインターナショナルに入るずっと前のことです」

そんな彼女はストライプインターナショナル社と出会い、自身のブランド・レベッカブティックを始めることになるのですが、ブランドを立ち上げたすぐあとに、人生を変える「決定的な瞬間」を迎えることになります。

買い付け先のアメリカで見た、古着の山──。

手放された大量の服を見て、「まるで、これらの服には意味も価値もないと言われているように思えた」と言う彼女。頭の中で、今まで積み重ねてきた違和感や疑問、怒りや悲しみなどのたくさんの感情が、パチンと音を立てて弾けます。この瞬間に、彼女が人生で成し遂げたい思いが、確固たるものとなったのです。

「服を大切にする人を増やしたい。心から大切だと思ってもらえるような、服を作りたい」。

レベッカブティックは、そんな赤澤さんの強い思いと共に歩み続けているブランドです。

紡ぐ物語を受け入れてくれる人が増えてきた

レベッカブティックを始めて4年。そのあいだに、彼女はどんなことを感じているのでしょうか。

「私たちが紡ぐ物語を受け入れてくれる人が増えたことに対しては、まだ驚きを隠せないでいます。物語を発信することで服が売り切れたり、大事にしたりしてくれる方がいるのは、本当にうれしいことだと思っています」

レベッカブティックのオリジナルアイテムには、赤澤さんを中心としたメンバーたちが、一着一着、名前とそれに紐づくストーリーをつけています。

Instagramのハッシュタグ「#レベッカブティックのこと」にて、ストーリーを読むことができる

たとえば、このワンピース。「果汁を飲み干すワンピース」と名付けられたこの服には、下記のようなストーリーが書かれています。

「ジューシー」とはつまるところ、「贅沢」の異名ではないかと私は思う。
たっぷりとそこにある水のことであり、豊かな甘美が同居していることをも指し、
確実にワンランク上の満足感そのものが横たわっているような感じのする言葉だ。
(中略)
私は、あのたっぷりとした布袋がたっぷりとしている様子がたまらなく好きだ。
ずっとしぼまず、膨らみを保ち、重たそうに揺れていてほしいと願う。
愛おしい時間をいつまでも忘れないように。これはそういう袖をもつワンピースです。

詩的で、甘美な香りがする赤澤さんの紡ぐ言葉たち。今では、赤澤さんが紡ぐストーリーの熱狂的なファンがたくさんいるそう。筆者もそのうちのひとりです。

この時筆者が着ていたのは『奪ってみせたいワンピース』

服に「ストーリー」があることで、その服を着る意味が生まれ、意思を持って服を着るようになる。その結果、その服に対する思い入れが強くなっていく。

4年間のブランド運営を通して、多くの人々が、服に込められている「物語」に思いを馳せ、大切に服を着てくれるようになった。その実感はたしかなものとして得られるようになってきた、と赤澤さんは言います。

「納得できないこと……たくさん、あるよ」

逆に、自身のブランドを持ちながらも、「納得できないこと」はあるのだろうか? 

「納得できないこと……。たくさんあるよ」と話し始める彼女の瞳は、今までの優しいそれとは一転し、ギラギラとした炎が映っているような気がしました。

「まず、会社の中では、本当にたくさんの挑戦をさせてもらっていて、そのことに対しては感謝してもしきれません。無名のディレクターが、いちブランドを任せてもらっていることも考えられないことだし、大好きな仲間たちとゼロから服やブランドを作ることは毎日とっても刺激的で楽しい。でも、『自分が心から納得いく服作りができているのか?』と問われたら、首を縦に振り切れない部分はたしかにあって」

赤澤さんが、「大切にされる服作りをしたい」という思いのなかで出会ってきた「エシカル」「サステイナブル」というテーマ。

彼女にとって「大切にされる」という言葉の対象は、お客さまだけではありません。その服のアイデアを考えるレベッカブティックのチームメンバー、服を作る環境を整えてくれる会社、その服を作る生産者の人々、そして自分たちが生きているこの地球のこと──。
1着の服ができあがるまでに関わるすべての環境や人に思いを馳せ、心を尽くし、そこではじめて真の「大切にされる服作り」と言えるのではないか。実際に服を作っていく中で、彼女はそんなことを考えるようになりました。

ただ、レベッカブティックは、ストライプインターナショナル社という大企業のなかのひとつのブランドです。

大企業という、利益を追求しなくてはいけない前提がある環境、膨大な人たちが関わりながら服を作っているという仕組みの中では、なかなかそのすべてが叶うことは難しい。

たとえばそれは、自分たちの服を縫ってくれている生産者の方に会うこと。環境に優しい素材を使うこと。

大企業の中で、心から納得のいくものづくりをすることの難しさに、彼女は直面していたのでした。

生産工場も全部ひっくるめて、ブランドの現状なんです

今から1年ほど前、赤澤さんが抱えてきたそんな悩みや葛藤が、現実の問題となり浮き出てしまう出来事が起きてしまいました。

ディズニーの『ライオン・キング』の映画公開を記念して作ることになった商品の制作過程で、大規模なミスが起きてしまったのです。

もともと制作が決定していた色は、カーキ・イエロー・バーガンディーの計3色。ですが、実際に納品されたのは、ライトグリーン・アイボリー・バーガンディーで、納品数も発注と合わずバラバラ……。「下げ札」という、衣服に付いてる札も間違っていて、「すべてが違う、正しいのは形とプリントデザインだけ」という状況に。

「たしかに間違えたことはよくないけど、私は『なんで間違えたの?何か困ってることがあるの?』って工場に直接聞けない関係性そのものが、すごく変だなと思って。私たちが、作ってくれている人に対して『何があったの?』『元気?』とコミュニケーションが取れる関係性だったら、多分そんなに大きな間違いはしなかったと思うんです」

この事件に対して赤澤さんが下した決断は、「間違った服たちを迎え入れる」こと。ミスとして廃棄することもできたけれど、それは絶対に違うと思った、と言います。

「生産工場にいる人たちも全部ひっくるめて、私たちレベッカブティックというブランドの現状なんです、と言わなきゃいけないと思った。この『元気?』と気軽に言えない関係性までにしかできてないこと自体、私の至らなさなんです」

「ミスが起きてしまった背景まで、すべて正直に文章にして、間違っている商品を売ると公表させてほしい」と会社に直訴した赤澤さん。彼女個人のアカウントで投稿することを条件に、会社もその要望を受け入れ、間違えた服たちは、世に出ることになりました。

それらの「間違った」服たちは、なんと結果的に、たくさんの人に受け入れられたそう。その服が世の中に広く受け入れられているという現実は、赤澤さんの思いがちゃんとお客さまにも伝わっている確固たる証拠です。

なんと心の通ったブランドと消費者の関係性なんだろうと、この出来事をSNSで初めて見たときに感動したことを、今でも覚えています。

服を作る中で、納得できない部分はまだまだある。でも、できることから、一歩ずつ。彼女は後ろを決して振り向かず、前へ前へと歩み続けます。

イケウチオーガニックは、誠実なんだなと心から思う

そういった思いを常日頃抱えていることもあって、彼女は友人の紹介でイケウチオーガニックの工場を訪れたとき、衝撃を受けたと言います。

「感動しちゃったんです。私が本当にびっくりしたのは、タオルの工場なのに、食品を扱う工場と同じ水準で衛生が保たれていたこと。今までいろんな工場に入ったけどこんなの初めてだし、排水で鯉が泳いでるとか、ありえない、すごいと心から思いました」

「瀬戸内の海を汚さないことを本気で考えているし、『この人たちは嘘をつかない、誠実な人たちなんだな』と思いました。自信を持って工場を案内できたり、仲間を紹介できたりするのは、すごく美しいと思います。社員さんみんなが嬉しそうに語ってくれて、私まで嬉しくなっちゃった。こういうものづくりがしたいと思いました」

赤澤さんが愛用しているのは、抜群の吸水力と包まれる安心感で人気のオーガニック732タオルケット

イケウチの工場、タオルに惚れ込んでくださった赤澤さんは、ストライプインターナショナル社が展開するホテル事業で「イケウチのタオルを導入してほしい」と会社に直訴したと言います。

「『絶対に惚れるから!』と言って、新しいホテルのタオル導入の担当者にイケウチの工場に行ってもらいました(笑)。私がこれだけ感動したんだから、絶対に共感してくれると思った」

結果、岡山に新しくできたホテルにイケウチオーガニックのタオルが導入されることが決定。彼女の思いが、伝わった瞬間でした。

「自分の中での、大企業で服を作る”解”を探していきたい」

「すべてにおいて自分が納得のいく形で服を作りたいんだったら、きっと、自分だけの小さなブランドを作って、そこで作ればいいんだと思う。でもね」

赤澤さんは、会社に対する思いをぽつ、ぽつと言葉にします。

「私がストライプインターナショナル社という大きい企業の中で、どれだけ納得いくものづくりができるのか。その課題に立ち向かうことは、私の宿命でもあると思っているんです」

大企業でのものづくり。大企業だからできることもありながらも、会社としての方向性、利益、仕組みなど、自分だけの都合ではどうにもならないこともたくさんある環境。でも、そこで挑戦するチャンスをもらい、育ってきた彼女は、その場所で自分ができることを、最後までやりきりたいのだと言います。

「私は今まで、納得いかないことや理不尽なことがあれば、怒っていたんです。『なんで仕組みを変えてくれないんですか!』と会社に対してキレることもたくさんあった(笑)。でも、怒っていても仕方がない。それがこの4年間で、私が一番わかったことで」

「規模を選んだ人たちと、どう取り組んでいくのか。小さな世界の熱量を活かすにはどうしたら良いのか。実際に変革を起こすにはどういった挑戦ができるのか。ただただ批評しているだけでなく、実際に服屋として何ができるのか。どういったことから始めれば良いのか。そういったことを、諦めずに考えていきたいんです」

レベッカブティックにとって、心から大切にされるものづくりとは。ものづくりとは多面的で、複雑で、人によっても解釈がさまざまに分かれるもの。でも、だからこそ、自分たちなりの答えを探していきたい──。

答えを探す覚悟を持つ。それこそが、彼女がこの4年間で辿りついた、ひとつの「解」なのかもしれません。

豊かさは、「納得感」の総量で決まる

「大切にしてもらえる服」とは、いったい何か。自分自身が、そしてお客様が納得してくれる服とは何か。彼女は、いつだって自分自身、そして周囲の環境や仕組みに対して「問い」を持ち、その果てしない問いと戦い続けている人なんだ──この取材を通して、筆者は強く、そう感じました。

きっと、ひとつの「解」が生まれれば、同じ数だけ、また新たな「問い」が生まれるのだと思います。その問いは、人生が終わるその時まで、なくなることはないのかもしれません。

自分の中に湧き出る、尽きることのない問いのひとつひとつと向き合い、頭と心を使って行動に移し、周囲の心を動かしていく。これは、想像以上に、根気と、強い信念が必要とされる行為だと思います。

やりたいことがあっても、疑問に感じたことがあったとしても、周囲の反対やなかなか変わらない環境を言い訳に、ついつい自分の気持ちを押し殺して我慢してしまう。そんな経験が筆者にもたくさんたくさんありますが、彼女は決して諦めない。

「誰かの心を動かすことって、結局はこちら自身も『心を動かしていく』ことなのかなと思っています。好きな人を口説くのと似ている。『何かを成し遂げたい』という気持ちや心を、手を替え品を替え伝えることで、その人の中に『落として』いく。それがすごく大事だと思っていて」

「人生における豊かさは、『納得感』の総量と同じ。すべてにおいて、納得感を持って、愛せるものや大事にできるものを増やしていきたいです」

問いを立て、納得感を追い求める彼女は、たとえその過程が辛いものだったとしても、いつだって堂々と生きていて、その姿勢や生き方こそが「豊か」であるのだと、そう感じざるを得ない取材の時間となりました。きっと彼女は、ひとつ「解」を見つけたら、その先にも、さらに「問い」を生み出していくのでしょう。
赤澤えるのフィールドは、きっとこれからも広がり続けていく──。彼女の心あるものづくりを、これからも、追いかけていきたいです。

お知らせ:赤澤えるさんは、2020年7月7日、『私たちの株式会社』を設立いたしました。

設立の背景とこれからへの想いは、こちらをご覧ください。

執筆:あかしゆか/撮影:木村 雄司/編集:藤村 能光

WRITER

1992年生まれ、京都出身、東京在住。 大学時代に本屋で働いた経験から、文章に関わる仕事がしたいと編集者を目指すように。現在は、ウェブや紙など媒体を問わず、編集者・ライターとして活動をしている。

感想メール

ご感想をお送りいただき、ありがとうございます。
引き続き「イケウチな人たち。」をご愛読いただけますと嬉しいです。

閉じる

OTHER ARTICLES

page top